カラーズのゲーム風呂グ

このブログはゲーム好きなカラーズが、のんびりゲームしながら思ったことを書いてるだけのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエ10コスプレドレアコレクション

コレクションというほどありませんでした。


私がドラクエ10でしている、コスプレドレスアップをご紹介。
コスプレばっかりしていますが、ただ単にコスプレ以外でまともな服装のドレアがほとんどできないだけです。
ええほんとに。

パルテナのピット君。
ピット君はどの武器を装備しても違和感がないのでどの職業でも問題ないのがいいですね。

FF2のミンウ。
役に立たない魔法を取るために死んじゃう人。
ミンウのシステム的にはどの武器でもいいんですが、杖が一番似合いますね。

ダイの大冒険のポップ。
髪型が近いものが実装されたので勢いで作りました。
メドローア的なものを撃ってるところを撮りたかったけど、1人だと上手く撮れない。

FF8のスコール。
写真の表情がスコールらしくないですが、これはかなりそれっぽくできたと思います。
体上をしんりのローブにしたのがポイント。
首元のファーと、背中の羽模様も上手く再現できています。
スコールのイメージ的に両手剣が装備できる職業で着ます。

再びダイの大冒険のアバン先生。
そっくりになると思いきや、髪型のロールが足りなかったり、袖が邪魔だったりと思ったほど似なかった。
まあでも雰囲気は出てると思います。
いろんな方がコスプレしてますが、私のどうでもいいこだわりとして、「色の配列が似るから、という理由で服の形状を無視した服装は認めない」というのがありまして、
例えばDQ5主人公のコスプレ。
多くの方が頭をバンダナで代用していますが、5主人公が被っているのはターバンなので、バンダナではありません。
ちゃんとバンダナを紫に染めて被るべきです。
……まあ、私のこだわりなんでどうでもいいです。
コスプレも自己満足なのでいいんですが、どうしてもカッコよく写真を撮れません。
せっかくコスプレしたんだからそれっぽく撮りたいなぁ………。
スポンサーサイト

あけました

3か月近く放置したあげく、新年あけて松もとれてしまいましたが皆様あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。
今年も更新頻度は適当ですが、まあ気長にお待ち下さい。
誰も読んでないだろうけど。


去年はFF15、ポケモンSMと、シリーズの続編が発売されました。

私ももちろん遊びました。
どちらも楽しめました。

なんかどちらも非難轟々みたいな噂を聞くんですけど、私は楽しめました。

どうしても大作になると、どうあってもクソゲーにしたいみたいな人が沸くのでアレですが、私はわざわざお金を出したゲームをクソクソ言えるほどお金に余裕があるわけではないので、基本的に「面白かった」という評価になります。

ここからは両作品のネタバレが多少あるので続きからで。 続きを読む

攻略サイトに頼らないポケモンGOのあそびかた

ポケモンGO 攻略で検索すると、いろんな攻略サイトやまとめブログが出てきます。


まあそこに書かれていることの大体が、


カビゴンがつよい!


カイリューがつよい!


ラプラスがつよい!


シャワーズがつよい!


みたいなことだと思います。
しかしそんなことはみんなわかりきってるわけです。
それより何が問題かっていうと、上記のポケモンのうち、比較的会いやすいイーブイから進化するシャワーズ以外はレアポケモンです。


捕まえるのにはたまたま出現したポイントに居合わせるか、たまたま卵から生まれてくるか。


いずれもかなりの幸運です。


ちなみに、凍結されたポケ◯ジョンのような、「今ポケモンがどこにいる」というのをリアルタイムで表示してくれるアプリもありますが、あれはポケモンGOのサーバーに不法接続してデータを吸い出しているもの。


そのせいでサーバーに負荷がかかっているため、明確な規約違反です。
ポ◯ビジョン凍結時に、違反であることはちやんと書かれていたのですがわかってない人が多いようです。


あれのせいで人が不自然に集まり、ニュース沙汰にもなってしまい問題となりました。
そもそもポケモンGOは自分の足で歩いて「どんなポケモンに会えるかな?」とか、「あっちに◯◯がいたよ」ってプレイヤー同士で交流したりして、ポケモンの世界がまるでそこにあるような体験をするっていうのが一番の楽しみなわけで、どこに何がいるか最初からわかっていたら面白くもなんともないと思うんですが。


確かに「近くにいるポケモン」で欲しいポケモンが出た時に、果たして自分はどっちに進んだら会えるのかくらいはわかるようにして欲しい気はしますが、この辺はアプデで改善される予定のようです。


とにかくああいうアプリは違反となる可能性があり、処罰の対象となるかもしれないので手を出さないようにしましょう。


続きを読む

周回!不思議の魔塔!

前回までのあらすじ。

ダークキング討伐のために毒ガード100%を目指したいナルミさんは、とにかく王家の迷宮に籠り続け、なんとか毒ガードのベルトを確保したぞ!

fc2blog_20160927205256bca.jpg


毒ガードを100%にするのは、破毒のリングの強化が欠かせない。
破毒のリングは状態異常耐性指輪の中で、なぜか入手方法が限られている。

他の指輪みたいに転生狩りで気軽に手に入れられないので、不思議の魔塔でもらえる銅のフェザーチップで交換するのが一番効率がいいようだ。


不思議の魔塔。


入るとレベルが1になり、武器もどうぐも一時的になくなる。
塔の中だけで手に入る装備をうまく使って、限られた強さの中で塔を登っていく
というローグライクゲームみたいなコンテンツ。

最初は「レベルや装備がみんな1からスタートするので、初心者さんもベテランさんも一緒に遊べるレイド型コンテンツ」みたいな触れ込みだったのに、

・装備のつけ外しに時間がかかり、スピーディーな操作ができないと迷惑がかかると思う人が多く、他人とプレイするには向かない→1人で行きたいという意見が噴出
・ギガスラッシュなどの固定ダメージ特技が強力過ぎて、二刀流バトマス以外の選択肢が無い→みんなバトマスになる

みたいないろいろな問題が露呈して、結局ひとりで複数アカウントを動かしながら、NPCの仲間を連れて行くのが主流のコンテンツになってしまった。




しかし実際にやってみたところ、一人+3人NPCで行くのは結構大変。
徹頭徹尾二刀流バトマスでもいけないことはないけど、16階からは敵の攻撃も激しくなりそこにサポ特有の謎行動が加わりうまくいかないことも多い。

ボスで全滅しても、葉っぱや聖水を使い切らない限りやり直せばいいけど、ボスまでの道中で全滅すると直近の5の倍数の回に戻されてしまう。結構つらい。


というわけで、ナルミさんが考えた一人で魔塔を登るときの手順を書いてみることにした。
記事の旬が遅いとかいうよりもはや腐敗しているレベルだけどまあ気にしないでください。 続きを読む

王家の迷宮へ行こう!

DQ10に新たに舞い降りた強敵ーダークキング!


珍しく槍持ちのどうぐ使いという中衛が役に立てるため、


旅芸、どうぐ、賢者、魔法戦士@両手武器という中衛好きのくせに地雷みたいなスキル振りのナルミでも参加できるのだ!





しかし、ダークキングには1~4の強さがある。


ナルミさんが倒せたのは2まで。


せっかく出番がありそうなエンドコンテンツだもの、参加できるようになりたい。


そのためには、まずダークキングが放ってくる紫雲の竜巻による、猛毒を完全に防ぐための防具が必要だ。


そして、どうぐ使いの防具はひっさつチャージ率が上がる究明者セット。


どくガードはアクセサリーの破毒のリングを装備することでも上がる。
破毒のリングであがる毒ガードは50%!
これにどくガード錬金50%以上がついた究明者下を買えば100%を越える!




高い!
500万も貯めたこともないナルミさんには手が届きませんよー。

続きを読む

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。